エレン
19/196

日本人の食文化において、ワインは日常的な嗜みとしてしっかりと根付いています。料理に合わせて赤ワインや白ワインを愉しむのはもちろん、産地や年代からワインをセレクトしたり、カクテルにアレンジしたりと、その愉しみ方はさまざまです。自宅で料理を作り、ビールやワインで食卓を囲む風景はごく日常的なものとして定着しました。気軽に楽しくワインと付き合うコツは、昔ながらのしきたりに捉われすぎないこと。銘柄ごとの個性を愉しむ心のゆとりが、新しいワインとの出会いにつながるでしょう。贅沢なお家時間笑顔が集う食卓にお好みのワインを商 品 名コート デュ ローヌ ルージュ(赤)生産国・州・地区フランス/コート・デュ・ローヌ品   種シラー、グルナッシュ、他タ イ プ中重口飲み頃温度16〜18℃ローヌ河沿いのぶどう畑は日照量に恵まれているので、全般的にアルコール度の高い力強いものになります。果実味が豊かな飲み口が特徴です。※ヴィンテージ・ラベルデザインが変わることがあります。※酒類は年齢確認が必要です。お申込番号 K201-01815ルイジョセ コート デュ ローヌ ルージュ(赤)● 内容量/750ml18My little family※この左右のページの商品は、メーカーの都合によりモデルチェンジ等の節は、同格の新製品または、上級種の商品に変更させて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。※商品に小物等は含まれておりません。

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る