スノーバード 2018-2019
186/196

 温泉旅館・体験施設ご招待皆生温泉 東光園[昼食又は夕食付日帰り入浴券(2名様)]皆生温泉 東光園〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉3-17-7泉 質/芒硝・単純温泉、ナトリウム・カルシウム―塩化物泉ご利用時間/11:00~21:00食事内容/会席料理食事場所/個室料亭「波の詩」(昼食11:30~14:00、夕食18:00~20:30)定休日/火・水曜日アクセス/列車:JR「米子」駅下車お車:山陰自動車道「米子東」IC 送  迎/なし出雲大社を彷彿とさせる幻想的な空間二種の名湯に、身も心もときほぐされる。|お申込番号|BD-18501鳥取 皆生温泉 東光園昼食又は夕食付日帰り入浴券(2名様)専用ハガキにお申込番号をご記入のうえ、はがきを投函してお申込み下さい。(この項下のご利用案内をご確認下さい)※ご予約が必要なプランは「ご利用チケット」到着後、記載されている施設にお電話にてご予約ください。予約不要のプランは該当いたしません。※「ご利用チケット」受け取り前に、ご予約やご利用はできません。※施設の混雑状況により、ご予約できない場合もございます。※ご利用当日は「ご利用チケット」を必ず施設に提出ください。提出されない場合、体験メニューをお受けできない場合もございます。※チケットの有効期限は、発行日より約5ヵ月です。有効期限の延長、再発行、チケット発行後のキャンセルはできかねます。ご了承ください。鳥取皆生温泉ご留意点お申込みの手順同封の申込みハガキに、必要事項を明記の上、ポストに投函ください。約2週間で 「ご利用チケット」をお届けします。「ご利用チケット」が届きましたら、チケットに記載されている施設に電話予約を。ご利用の際には、必ず「ご利用チケット」を当日、ご持参・ご提示ください。STEP1 お申し込み「ご利用チケット」が郵送で届きますSTEP2 電話でご予約STEP3 施設利用皆生唯一の二種源泉自家源泉を持つ東光園では2種類の温泉を楽しめます。 皆生温泉の特徴でもある食塩泉と、皆生で唯一自噴する弱アルカリ泉。 海から湧き出る弱塩類泉はデトックス効果があり、開湯以来多くの人々に親しまれてきた、皆生を象徴する基本の温泉です。 一方の弱アルカリ泉は美肌効果を持ち、女性には特におすすめの良泉です。この2種類のお湯に心行くまで浸ってください。185185Experience

元のページ  ../index.html#186

このブックを見る