オフェリア
148/172

明治18年(1885年)、初代飯田又右衛門が東京中野の青梅街道に創業。以来その地から動くことなく六代130年にわたり江戸味噌の伝統を守り続けています。■あぶまた味噌ふかひれとシャキシャキ食感のチンゲン菜、黒きくらげを鶏や魚介のスープでお粥に仕立てました。フリーズドライですのでお湯を入れるだけでお手軽にお楽しみいただけます。中国大使館御用達の「銀座鹿鳴春」の看板メニューと言えばふかひれ。健康や美容に効果があり、楊貴妃も好んだとされるふかひれを使った粥を気軽に楽しめます。■銀座 鹿鳴春お申込番号 TZ-14701明治十八年創業 「あぶまた味噌」むさし野● セット内容/味噌(赤・白・合わせ)(各1kg)×各2● 賞味期間/常温6ヶ月お申込番号 TZ-14702〈銀座鹿鳴春〉 鱶鰭粥(ふかひれかゆ)16食● セット内容/鱶鰭粥(フリーズドライ)(17g)×16● 賞味期間/常温4ヶ月【乳・小麦】147Gourmet

元のページ  ../index.html#148

このブックを見る