コーデリア 2018-2019
15/196

※この左右のページの商品は、メーカーの都合によりモデルチェンジ等の節は、同格の新製品または、上級種の商品に変更させて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。※商品に小物等は含まれておりません。14Japanese Modern印伝とは、インドから伝来したとされる、加工された革のこと。細かなシボが多くあり、手触りが良い鹿革に漆で模様を描いた革で、他にはない個性的な佇まいを見せてくれます。古くは奈良時代の作品として、その技術が日本で確認されています。もとは外来の加工技術ですが、長年に渡って日本で育まれ、独自の技術に昇華。和モダンのテイストを色濃く表す、注目の技法となって、今では財布などの小物に印伝革が多く使われています。さりげなく個性的な和モダンの印伝小物が、あなたのセンスを磨いてくれます。Item/ 財布創業1883年(明治16年)創業以来130有余年の歴史を誇る奈良のタンナー「株式会社藤岡勇吉本店」の鹿革を使用した小桜印伝の長財布です。札入・ファスナー式小銭入×各1室、カード入×10室、オープンポケット×3室。ホワイト×レッドブラック×ベージュブラック×レッドお申込番号 TW-01401 ホワイト×レッド お申込番号 TW-01402 ブラック×ベージュ お申込番号 TW-01403 ブラック×レッド印伝新小桜柄背段付き長財布● サイズ/9×19×1.5cm● 材質/鹿革、豚革、漆● 本体重量/約85g● 生産国/JPN

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る