カルメン
228/260

西のうどんに東のそば産地が育てた2大麺料理日本を代表する麺類と言えば、うどんとそば。前者で言えば香川県讃岐地方、後者では長野県全域が産地として有名です。お正月やお祭りの日、大切な人をもてなす時など、家々のハレの日にうどんを手作りするのが讃岐地方のならわし。昭和以降は町のあちこちに小さな製麺所ができ、現在のような「うどん大国」に発展するきっかけとなりました。また、火山灰土が多く、寒暖差も大きいため、通常の野菜が育ちづらい長野県の高原地帯はそばの栽培に適した土地。北の黒姫や戸隠から南の開田高原まで、長野には有名なそばの産地が点在しています。ニッポン恵みの味うどん本場讃岐で作りあげたコシが強く喉越しの良いうどんです。日本三銘うどんに数えられる香川県名産の讃岐うどんと、「そば」と言う素朴で繊細な作物を育むのにすばらしい環境を持つ北信濃で製麺された「おらが信州そば」を詰合せにしました。お申込番号 NV-22701讃岐うどん● セット内容/讃岐うどん(50g)×20束● 賞味期間/常温1年【小麦】お申込番号 NV-22702讃岐うどん信州そば詰合せ● セット内容/讃岐うどん(50g)・信州そば(50g)×各10束● 賞味期間/常温1年6ヶ月【小麦・そば】227Gourmet

元のページ  ../index.html#228

このブックを見る